固定電話での通信は時代遅れかもしれません

最近固定電話で電話する事が少なくなりました。

これには携帯電話という通信システムが大きいと考えます。

携帯電話は常に近くに置いてあり、いつでも気軽に電話をかける事が出来るという事と、相手の番号が表示される機能が今の携帯電話のほとんどの機種の機能にあるので、誰から電話が来たかわかるのも理由の一つだと思います。

固定電話はあるけれど、ナンバーディスプレイを設定していないので誰から電話が来てるかわからずに、電話を受けないという方も多いみたいです。

電話機自体にはナンバーが表示される機能はあるけれど、電話を設定する時にナンバーを表示させる機能は月額で料金がかかる為に表示させないという方もいるみたいです。

そもそも固定電話を設置していないという家も最近では増えてきているみたいで、一人暮らしの方だと固定電話が無いという方は、自分の周りではかなり多いです。

自分は固定電話は家にありますが、誰かに電話番号を教える時は自分の携帯電話の番号を教えています。

理由はやはり家の固定電話は自分も余り取らないという事と、家の電話はFAXがついており、番号が固定電話の番号と同じ為にFAXでの勧誘や、案内等が来る事があるからです。

正直FAXは会社以外でほとんど使用しませんし、メールが普及している現在では、通信システムとしてはもう時代遅れの物だと感じています。

固定電話のメリットがもう少し無ければ、どんどん固定電話を設置する方は現象していくと思います。